No Rain No Rainbow

アクセスカウンタ

zoom RSS 保険診療

<<   作成日時 : 2011/08/21 13:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今まで整体に行くことはあっても、整骨院に行くことはなかったんだけど、
すぐ近所に整骨院が出来たので、腰を痛めた時に行ってみたら、
1回500円で格安だった。
整体だと数千円かかるのに・・・

それ以来何度か行ってみたけど、他の患者さんを見てみると
単にマッサージを受けに来ている人がほとんど。
本来、加齢による慢性疾患に健康保険を使ってはいけないはず・・・

国民健康保険組合が破綻しているとかいうけど、こんなことしてたら、
破綻して当たり前。
柔道整復師(整骨院・接骨院)での保険診療というのは、
グレーゾーンで摘発が難しいのかな。。。

その整骨院で数回治療を受けたとたん、
夫の会社の健康保険組合から、施術内容照会の書面が送付されて来た。
(保険診療をする整骨院が増えたから、チェックが厳しくなったみたい)
腰を捻挫したのは事実だし、保険を使って診療しているのは
整骨院の方針なんだけど、書類を請求されたら何だかイヤな気分・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
難しい問題ですね・・・
加齢と病は紙一重ですもんね。
今のご老人は、自分の加齢を認めません。
私は年寄りではないと本気で訴えます。
確かに老け込むよりも気を若く持つことは大切だと思いますが、受け入れることも大切だと思います。
多くの病院で聞かれるのが医師の加齢症状という診断に対する反論です。。。
整体やカイロが乱立しだした原因もそういうことが一因なのでしょうか・・・。
髭だるま
2011/08/23 09:12
>髭だるまさん☆
(*бб)(*,,)(бб*)(,,*)
以前、うちの母が腰痛で整形外科に入院したとき、他の患者さんを老人よばわりしていたので、反論したことがあるのですが、病室を見てみたら、確かに母が若者に見えました(笑)
腰痛患者の世界では、まだ60代だった母なんて子供みたいなもんですよね。
>自分の加齢を認めません
アンチエイジングが流行っていて、自分の老いを受け入れられない人が多いのでしょうか。
80歳を越えても元気な人も多いし、老人扱いされるのは不愉快でしょうが、加齢は生きている限り避けられないことですもんね。。。
(llllll´ヘ`llllll)
ぼの
2011/08/23 11:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
保険診療 No Rain No Rainbow/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる